FC2ブログ

Tea & Flower salon ジューンベリー

静岡県富士市にある紅茶教室&プリザーブドフラワーアレンジメント教室「ジューンベリー」です。お教室のこと、日々のことを綴っています。
MENU

お茶三昧教室 Ⅲ

今日は、今月最後のお茶三昧教室でした。

今月は、美味しい紅茶の淹れ方について、検証しました。

ジャンピング
20161031.jpg
「お湯の温度が大切」という説に基づいて、
95℃~98℃のお湯とそれ以上のお湯で
紅茶を淹れてみました。

やはり、95℃~98℃のお湯が一番良いことを
確かめることができました。

と同時に、茶葉の量(お湯の量)と、ポットの大きさの関係も
大事なことに気づきました。
適切なポットを使うこと、大切です。

紅茶教室の時に、
「紅茶の美味しい淹れ方」で、
説明の上、淹れる練習をします。

でも、適温で淹れるだけでなく、
そのほかの温度だとどうなるのかも検証すると
より納得できるようです。
今回、皆さんの反応を見ていて、
そう思いました。

今後も、より皆さんに分かり易い方法を
工夫しながらレッスンをしていきたいと思います。

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑↓参加しています。
応援クリックをお願いします。

スポンサーサイト



お茶が進化している!

昨日は、3年に1回、開催されている「世界お茶まつり」に行ってきました。
20161030A.jpg
会場は、静岡のグランシップ。
20161030B.jpg
芝生広場には、「チャドコロピクニック」と題して、
ティータイムを楽しめるようなコーナーも。

静岡はもちろん、日本国内だけでなく、海外からも出展されていて、
世界中のお茶を愉しめるようになっていました。
20161030G.jpg
こちらは、宮崎高千穂から。
静岡では珍しい釜炒り茶や和紅茶を試飲させていただきました。
特に、「みなみさやか」という品種の茶葉から作られた
有機紅茶のフルーティーな香りにまずびっくり。
今まで飲んだ和紅茶は、まろやかで美味しかったのですが、
パンチが今一つ。
紅茶はやっぱりインドやスリランカかなと思っていただけに、
日本でもこんなに香り豊かな美味しい紅茶ができると知って、
いきなりゲットしてしまいました。

もちろん、地元富士市からも。
20161030K.jpg
天下一品茶が出品されていました。
山平園の平柳さんもいらっしゃいました。
残念ながら、すごい人だかりで、この写真を撮るのが精一杯でした。

掛川茶
20161030J.jpg
「天葉 あまね」というブランド名のプレミアムな深蒸し茶。
「さえみどり」「つゆひかり」の2つの茶葉を試飲させていただきました。
「極上な香りが天空へと広がり、その名があまねく世界に知れ渡るように・・・」
という願いを込めて、立ち上げた新ブランドだそうです。
掛川中のお茶農家から集められたお茶の中から、
最高級の茶葉だけを使って作っているそうです。
掛川は、高級ブランドで、差別化を図っているようですね。
もちろん、2つとも、深蒸しらしいコクのある美味しいお茶でした。

島田茶
20161030D.jpg
島田の「カネロク松本園」さんでは、
静岡版ラプサンスーチョンを作っていました。
さくらのチップやウイスキーを長年熟成してきた樽のチップを
燻製材にした燻製紅茶。
和紅茶の新しい息吹を感じました。

川根茶
20161030E.jpg
川根では、「香駿」という香りのよいお茶を
おしゃれにカクテルグラスで飲む方法を提案していました。
水出しで、4煎まで、味の変化を楽しめました。

屋外では、世界の路上茶屋を再現。
20161030I.jpg
その中から、バングラデシュのチャイと茶菓子のセットをいただきました。
20161030F.jpg
チャイは、練乳と砂糖が入った国民的飲料だそうです。
お菓子は、ラスクのような甘い揚げパンです。
紅茶に練乳を入れると、コクがさらに増して美味しいですね。

珍しいものとしては、牧の原の「お茶サイダー」も。
お茶の渋みが、サイダーの爽やかな甘みとベストマッチング。

また、静岡の新しい取り組みとして、「香り緑茶」を開発中だそうです。
20161030H.jpg
お茶の葉に少し刺激を与えた後、じっくり低温で静置することで、
ほんのり甘い香りを発揚させる製造法。
試飲をさせていただきましたが、
凍頂烏龍のような香りがしました。
最近、中国茶に魅かれている私としては、期待大のお茶です。
発売が楽しみです。

今回、お茶まつりに行って、
「お茶が進化している!」
ということを強く感じました。
今まで緑茶は、「味」で勝負していたように思いますが、
「香り」にシフトしてきているようです。
昔、日本でも紅茶を作って輸出していましたが、
最近は、あちこちで、和紅茶が作られるようになり、
それも、美味しい、日本ならではの紅茶が生まれてきて
とても楽しみでもあり、嬉しくなりました

美味しい紅茶も手に入りましたし、
お茶三昧教室の内容を
わくわくしながら、今考えているところです。
近日公開となりますので、
どうぞ、お楽しみに


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。
応援クリックしていただけたら嬉しいです。

キャンドルスタンド

今日は、アーティフィシャルフラワーのレッスンでした。

K様の「キャンドルスタンド」
20161028.jpg
なんて素敵なんでしょう
「簡単そうに見えて、なかなか難しい。」とおっしゃっていましたが、
さすが、K様、きれいにまとめられました。
お花が流れるように入っていて美しいですね
ご自宅のキャビネットや玄関に飾りたいとのこと。
そうなんです。
こちらのキャンドルスタンド、
お色も形も、主張はしないけれど、
おしゃれに収まってくれるのです。
サロンでも、さまざまな場面で大活躍してくれています。
長~く楽しんでくださいね。
次回は、クリスマススワッグですね。
楽しみにお待ちしております

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。
応援クリックしていただけたら嬉しいです。

10月の紅茶教室 Ⅱ

今日は、10月2回目の紅茶教室でした。

テーマは、「中国の紅茶」。
中国の紅茶の歴史&特徴のレクチャーと、試飲をしていただきました。

「キーマン」「ラプサンスーチョン」「雲南紅茶」
今日は、お好みが分かれ、2名様中、
「キーマン」1票。
「雲南紅茶」1票。
キーマンは、エキゾチックな香りと味、
雲南紅茶は、甘く、まろやかな味が特徴の紅茶で、
どちらも美味しいですね。

ラプサンスーチョンは、
イギリス人が、もっともっとと、強い香りを所望しただけに、
やはり香りと味が衝撃的で、
日本人には、個性的すぎるようですね。

お菓子は、前回と同様
マーラーカオと杏仁豆腐、フォーチュンクッキーをご用意。

マーラーカオ
20161027.jpg
今回は、前回と違う型で、小山型に。
お二人とも、とても気に入ってくださって、
「今までで一番美味しかった。」と
お褒めのお言葉をいただきました
ありがとうございました

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

神無月のお茶三昧教室 Ⅱ

今日は、10月2回目のお茶三昧教室でした。

前回に続いて、レッスン内容について、少しだけご紹介。

かぼちゃの蒸し焼きプリン
20161026.jpg
かぼちゃのプリン
20161026P.jpg
なんと、今月は、2個も、かぼちゃプリンをご用意。
上のプリンは、スイートポテトのような味わい。
下のプリンは、ゼラチンで固めたさっぱりプリン。
試作した時、どちらも美味しくて、一つに決めることができませんでした。
それで、結局、2つとも、お出しすることに

「蒸し焼きプリンは、かぼちゃ好きにはたまらない味
「さっぱりプリンは、かぼちゃが苦手でも大丈夫かも。
とのご感想をいただきました。
牛乳だけで作っているので、とてもヘルシー
生クリームは添えることにして、
お好みの味にして召し上がっていただくことにしました。
2つとも好評でホッ

次回は、ラストレッスンなので、
もう少し詳しいご説明をしたいと思います。
お楽しみに

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

10月の紅茶教室 Ⅰ

今日は、10月第一回目の紅茶教室。

テーマは、「スリランカの紅茶」

スリランカの紅茶の歴史&特徴のレクチャーと試飲。

20161024R.jpg
4種類試飲していただきましたが、一番人気は「ルフナ」でした。
3名中、3票。
甘くて、紅茶らしい紅茶というご感想でした。

「ルフナ」は、中近東で需要の多い紅茶で、
日本では出回っていないので、あまり知られていませんが、
美味しい紅茶です。
初めて飲んだ時、蜂蜜のような甘さ、ふくよかな味に
感動したことを覚えています。
ストレートも、ミルクティーもOK

20161024TP.jpg
「ルフナ」のほかには、「ヌワラエリア」「ディンブラ」「ウバ」を
試飲していただきました。
スリランカの紅茶は、高地産、中地産、低地産に分類されますが、
土地によって、本当に味わいが変わるものです。
それぞれに良さがあり、その日の気分でいただくのがいいですね。
スリランカの紅茶は、水色、味、香り、3拍子揃っていて、本当に美味しいです。

今日は、スリランカのお香をたき、
お教室をスリランカワールドにして、お迎えしました。

スリランカのおもてなしのお菓子2種類をご用意。

1つ目は、「ワタラッパン」
20161024W.jpg
スリランカの蒸し焼きプリン。
焼きたてを召し上がっていただきました。
暑い国ですが、温かい紅茶に温かいお茶請けを合わせるお国柄。

2つ目は、「チョコレートケーキ」
20161024CC.jpg
スリランカで作られているレシピを入手したので、
作ってみました。
スポンジがブラウニーのような感じのケーキです。
レシピは、シンプルにチョコのみ。
ナッツのトッピングは、私のアレンジです。

2つとも、とっても甘いですが、
渋い紅茶にピッタリ。
特に、チョコレートケーキは、ミルクティーと好相性。

ヌワラエリアの映像も見ていただきましたが、
景色の素晴しさと、紅茶文化の高さに、
みなさま、驚かれていました。

お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

クリスマススワッグ


今日は、気持ちの良い秋晴れです。
さて、少し早いですが、
クリスマススワッグのレッスン予約を始めました。
花材調達の関係で、
10月27日までのご予約をお願いいたします。
もちろん、レッスン日は、11月に入ってからで結構です。

★クリスマススワッグレッスンのご予約は終了いたしました。
  ご予約くださった皆さま、ありがとうございました。
  楽しみに、お待ちしております。



クリスマススワッグ (アーティフィシャルフラワー)
20161020正面白
玄関に
20161020扉
スタンドに立てても
20161020スタンド
落ち着いた深紅のポインセチアをより洗練させるシルバーリーフの繊細な輝き。
艶めくグラスボールが温もりのあるクリスマスを演出します。

スワッグって、作ったことがないから難しそうと
思われるかもしれませんんが、
小さなつるリースを土台にしているので、
初めての方でも、しっかり作ることができます。
おりぼんは、幅4cmの物を使用していますが、
幅広の物など、サロンにご用意の多数のおりぼんの中から
自由に選んでいただけます。
あなただけのonly oneのクリスマススワッグをお作りください。

※写真は、ポインセチアやアジサイの赤色が暗めに写っています。
 実際は、もっと鮮やかです。
 ですから、お部屋がぱっと華やぐことと思います。
 お色を確かめたい方は、ショップに飾ってありますので、
 見にいらしてくださいませ。

30×12×70 とボリュームもあります。

季節商品は、すぐ完売してしまうので、
今回は、早めにご用意しました。
期間限定ご予約特別価格 9,500円で。
既に、3名の方にご予約をいただいています。
ありがとうございます。
今年は、早目に作って長く楽しみませんか

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

神無月のお茶三昧教室

今日は、お茶三昧教室でした。

レッスンがあと2回ありますので、詳細は後日のお楽しみに。

お出ししたお菓子をご紹介。

ハロウィンにちなんで、パンプキンケーキ
20161019H.jpg
ホイップクリームを添えて
20161019P.jpg
ふわふわ、しっとりのさっぱりケーキ
レシピをメモされていらっしゃったので、またおうちでも作ってくださるかもしれませんね。
前回のマーラーカオもお作りになったとおっしゃっていたので。

レッスン風景
20161019.jpg
最近は、復習を兼ねて、生徒様に、お茶を淹れていただいています。
ちなみに、今日の茶葉は、ディンブラ。
美味しく淹れていただきました

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

「泉の里」でランチ

今日は、「泉の里」でランチ。

日替わりランチ
20161017.jpg
お蕎麦屋さんです。
いろいろなお惣菜に、私好みの細めのお蕎麦がついたランチ。
お腹一杯になりました。

今日は、北欧を旅行してきた友人から、
旅のお話をたっぷり聞きました。
美味しいお菓子もいただいて、楽しいひとときでした。



ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

アントワネット

今日は、ふわふわのひつじ雲が美しい秋空でした
朝は、すっきりと、綺麗な富士山が見えていたのに、
午後からは、どんよりした雲に覆われて富士山も見えなくなってしまいました。
明日は下り坂だそうです。
良いお天気が、なかなか続いてくれませんね。

さて、本日納品した作品のご紹介です。
20161016A.jpg
クレイの今年の新商品を使ってアレンジしてみました。
側面の花柄と足元のゴールドのコンビネーションが美しい花器です。
90歳のご長寿のお祝いにされるということでしたので、
高級感がぴったりかと思います。
赤の薔薇をメインに秋らしい色合いに。
ペッパーベリーやリボンを垂らして、ゴージャスに。
御注文くださったI様には、大変気に入っていただけくことができ、嬉しいです

20161016B.jpg
足元がオシャレな花器ですので、台座はクリアタイプを使って、
全体の姿が見えるようにしました。
お祝いのお品として、喜んでいただけますように


★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

八ヶ岳倶楽部

北杜市にある八ヶ岳倶楽部に行ってきました。
俳優の柳生博さんご一家のお店です。

玄関アプローチ
20161015A.jpg
フルーツティー
20161015FT
今回は、このフルーツティーが目的。
八ヶ岳倶楽部と言ったら、「フルーツティー」というほど、有名です。

4人で行ったので、3~4人分のポットを注文しました。
フルーツたっぷり。
紅茶よりフルーツの方が多そう。
7種類のフルーツが入っていて、茶葉はニルギリだそうです。
なんといっても、1杯目のリンゴの甘~い濃厚な、香りと味がとても印象的でした。
デミタスカップを使っているのは、
何杯もお代わりして、味の変化を楽しんでほしいからだそうです。
スタッフに伺ったところ、
フルーツと、漉した紅茶を少し煮出すということでした。
サロンでも、フルーツティーをお出ししたことがありましたが、
ここまで濃い味と香りが出なかったのと、
熱さを保てなかったので、
その秘密を解明できて大満足です。

同行したリピーターさんのお話ですと、
2人分のポットの方がもっと、違いを楽しめるということでした。

森のキノコのトマトソースパスタ
20161015パスタ
胡麻と豆乳のモンブラン
20161015ケーキ
パスタも美味しかったですが、
こちらのモンブランが絶品
豆乳クリームが、後味のよいバタークリームという感じ。
絶対お勧めです

併設されているギャラリー
20161015ギャラリー
作家さんの素敵な手作り雑貨がたくさんありました。

柳生さんご一家が丹精込めて作られた雑木林
20161015雑木林
可愛い小鳥さんたちも、いましたよ。
柳生博さんにもお会いして、一緒に写真を撮っていただきました。
美しい緑に囲まれていると、心が落ち着きますね。
新鮮な空気をいっぱい吸ってきました。

帰りには、清里の清泉寮と萌木の村にも、寄ってきました。
清泉寮では、もちろん、ソフトクリームもいただきましたよ。

萌木の村
20161015萌木の村
この鹿さん、テレビに出ていましたね。
地元の方の手作りだそうです。
時間がなかったので、駆け足の散策でしたが、
とても広い公園になっていました。
雑貨屋さんもいろいろあって、こんどまた、ゆっくり訪れたいところです。

お茶三昧教室に来てくださっている方々に誘われての小旅行。
同じ趣味の方々と行くと、ほんと楽しいですね。
またぜひお願いします


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

シェ ミツコ さんのランチ

「シェ ミツコ」さんでランチをいただきました。

20161012.jpg
フランスのコルドンブルーで修業された女性シェフのお店です。
お任せプレートランチのみ。
3回目ですが、
キッシュとポテトグラタンは定番のようです。
一品一品丁寧に作られていて、
食べ応え十分の美味しいランチでした。
お勧めです


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

ロシアの紅茶

今日のティータイムは、ロシアンティー

20161010.jpg
ロシア土産の「Hypu」という紅茶とお菓子をいただきました。
水色は、まさにブラックティー。
コーヒーのような色です。
香りは、アップル。
可愛いマトリューシカ柄と牛さん柄のパッケージに
包まれているお菓子は、チョコレート。
ヨーロッパの甘いチョコレートです。
サンテブルグはとても素敵な街だったそうです。
まだ見ぬロシアに思いを馳せながらのひとときでした。



ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

ティッシュケース ローズピンク

今日は、久しぶりの秋晴れ
今年最後の真夏日というだけあって、暑かったですね。

ご注文いただいたティッシュケースを制作しました。
20161006.jpg
喜んでいただけますように


★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

器音さんのランチ

新富士駅近くの「器音」さんへ行ってきました。

20161005A.jpg
野菜たっぷりの美味しいランチでした。
こんなにたくさんあって、なんと800円
少しずつ、いろいろいただきたい私は大満足でした
20161005B.jpg
テーブルの間隔もゆったり。
落ち着いてお食事できて、お勧めです


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

お誕生日のお祝いにフォトフレーム

今日は、ご注文作品のご紹介です。

フォトフレームS きららブルー
20161004.jpg
20歳のお誕生日祝いにされるそうです。
メッセージのご依頼をいただきましたので、
可愛らしく作ってみました。
喜んでいただけますように

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

パトリシア

今日は、アーティフィシャルフラワーのレッスンでした。

K様の「パトリシア」
20161003.jpg
花材の位置取りが難しい作品ですが、
とても上手に配置されています。
特に、ラナンキュラスが美しく入っていますね。
グリーンも適量なので、
メリハリの利いた、素敵なリースに仕上がっています。
Kさまは、「2作目なのに、大作を選んでしまって。」と
制作中、内心、後悔していたそうです。
でも、最後には、こんなに立派にできて大満足のご様子でした。
「帰宅したら、さっそく飾ります。」と。

「次は、ミントグリーンのリボンリースを作りたい。」
と次回への意欲も。
嬉しいですね。

実は、本日は、もうお一人、Mさまも、パトリシアをお作りになりました。
手早く、とても見事な作品に仕上げられました。
お急ぎのご様子に、うっかり、お写真を撮り忘れてしまいました。
お写真がなくて、本当に残念
申し訳ございませんでした。


★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

9月の紅茶教室・お茶三昧教室

今日から、神無月・10月です。
今日も雨。すっきりしない日が続いています。

さて、9月のジューンベリーの紅茶教室、お茶三昧教室が
昨日で終了したので、
今日は、そのレッスンレポです。

9月のテーマは、中国紅茶
20161001中国茶p
中国紅茶誕生のエピソードと特徴をレクチャー。
お茶三昧教室では、雲南紅茶2種、キーモン、ラプサンスーチョンの4種類を試飲していただきました。
20161001半巻紅雲
ちょっと衝撃的な写真でしたね。
こちらは、「今雨軒謹製 半巻紅雲」という雲南紅茶です。
貴重なお茶ですので、
ゴールデンドロップまで余すことなく、なみなみ注いで、
たっぷり召し上がっていただきました。
雲南紅茶は、流通量が少なく、
ジューンベリーのお教室では、初めて、皆さまに試飲していただきました。
ふつう、中国茶は中国種という小さい葉ですが、
雲南紅茶は、プーアール茶に使う大葉種で作られています。
香りはフルーティで、甘くまろやか。
日本の紅茶のような優しい味わいでした。
ストレートティーがお勧め。

元祖フレーバーティーのラプサンスーチョンは、
淹れた途端、部屋中に、松の木の燻製香が立ち込め、
皆さまがお帰りになった後も、しばらくその残り香が続いていたほどです。

紅茶教室初回に、世界三大紅茶を召し上がっていただきます。
その際、キーモンの香りに皆さま圧倒されるのですが、
今日は、そのキーモンがとても、気品のある香りに感じられて
「美味しいわね。」と。
それほど、ラプサンスーチョンの香りが強烈だったということです。

さて、こちらは、大変珍しい「干し龍眼」
20161001龍眼
中国初の紅茶、正山小種は、この龍眼の香りをもっていたそうです。
(龍眼:ライチに似た柑橘系の香りのフルーツ)
でも、当時のイギリス人は、龍眼など知る由もなく、
代わりにベルガモットの香りをつけて、
グレイ伯爵の要望(正山小種の再現)に応えて、アールグレイを作ったということです。
今回は、龍眼茶にして香りを楽しんでいただきました。
甘いライチの香り、シイタケの香り、出汁のような味という方も。
アールグレイとは全く別物でした。
ちなみに、龍眼は、滋養強壮に優れた食品で、
産前産後の肥立ちや胃腸に良いと言われているそうです。

もう一つ、「フォーチュンクッキー」
20161001フォーチュンクッキー
AKBの歌で、有名ですが、
横浜中華街で、見つけて買ってきました。
アメリカの中華レストランでは、つきもののおみくじ付きのクッキーだそうです。
京都の伏見稲荷の「辻占煎餅」に似ていますね。

9月は、横浜中華街で仕入れた紅茶とお菓子をメインに、
中国紅茶の世界を楽しみました。
エキゾチックな東洋の香りに憧れたイギリス人に思いを馳せながら・・・

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
↑参加しています。

該当の記事は見つかりませんでした。