FC2ブログ

Tea & Flower salon ジューンベリー

静岡県富士市にある紅茶教室&プリザーブドフラワーアレンジメント教室「ジューンベリー」です。お教室のこと、日々のことを綴っています。
MENU

花籠 ラベンダー

梅雨が明け、夏本番ですね。
今日は、比較的過ごしやすくありがたいです。

さて、レッスン作品のご紹介です。
20160723S.jpg

20160723I.jpg

同じ花材を使っていますが、
リボンのお色を変えるだけで、随分雰囲気が変わりますね。
でも、お二方とも、シックで素敵
美しい仕上がりですね
お花のもちがよくないこの季節、大活躍してくれますよ。

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↑↓応援クリックしていただけたら、嬉しいです。

スポンサーサイト



体験レッスン

本日は、体験レッスンのご紹介です。

20160715R
ビタミンカラーで、キュートなアレンジに仕上げられました。
初めてということで、心配されていらっしゃいましたが、
「私にもできるんだわ。」
と、安堵のお声。

臨月を迎えられていらっしゃるというR様、
お帰りの際には、「楽しかったです」と。
胎教にもきっとよかったことでしょう

つわりが気になるとのこと、
ご出産までの日々、こちらのお花がきっとお心を慰めてくれることと思います。
元気なお子様のご誕生を願っております

リースを作ってみたいとも。
落ち着かれましたら、ぜひ、またお作りにお見えくださいね。
楽しみにお待ちしております

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↑↓応援クリックしていただけたら、嬉しいです。

森の妖精 イエロー

新作のレッスンのご紹介です。
いつもありがとうございます。

「森の妖精 イエロー」
20160714L
かわいい
左から、 T・A様、Y様、K・A様の作品です。
「グリーンのフィビキアの位置が難しい。」
とおっしゃってはいましたが、
さすが、ベテランさんたち。
とてもきれいに仕上がっていました。
見る人の心を元気にしてくれるアレンジですね


★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↑↓応援クリックしていただけたら、嬉しいです。

ひまわりのバスケット

蒸し暑い日々が続いていますね。
7月に入ってからのフラワーレッスンは2つとも、ウェデングブーケでした。
バスケットブーケとナチュラルブーケ。
二つとも、新しい形のとっても素敵なブーケに仕上げられています
8月に挙式されましたら、ご紹介いたしますね。

さて、新作のご紹介です。
「ひまわりのバスケット」
20160712.jpg
アーティフィシャルフラワーで、バスケットアレンジ。
夏の主人公ひまわりに、ピンクの八重咲きの薔薇を添えて
爽やかでキュートな夏のバスケットに仕立ててみました。
お教室が一気に夏色に染まり、気分も晴れやか
梅雨時のうっとうしさを吹き飛ばしてくれそうです
いかがでしょうか。


★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↑↓応援クリックしていただけたら、嬉しいです。

6月のお菓子 ~イタリアのティータイム

6月のお茶三昧教室のテーマは、「イタリアのティータイム」

イタリアで仕入れてきたお茶やお菓子で、
訪れた都市の映像や旅の思い出話とともに、
ティータイムを楽しんでいただきました。

では、さっそく、お出ししたお茶とお菓子を紹介しましょう

まずは、お茶から

カモミールティー
20160704BONOMELLI.jpg
イタリアは、コーヒーの国ですが、
夜は、健康に良いカモミールティーを飲むそうです。

緑茶
20160704緑茶P
淹れてみると、
20160704VEREDE.jpg
色は、日本の緑茶と同じ。
でも、味は?
外国の方が、緑茶にお砂糖を入れる訳が分かる気が・・・

クスミティー イングリッシュブレックファースト
20160704クスミEB
クスミティー 朝の紅茶24番
20160704RMクスミ
クスミティーは、フランスの有名な紅茶メーカーですが、
ミラノのデパートにたくさん陳列されていました。
日本では、なかなかお目にかかれないお茶ですので、
買ってきました。
「朝の紅茶24番」は、ロブション氏お気に入りだそうです。
もともとは、ロシア皇帝の御用達の茶商。
ロシア風に、苺ジャムを入れていただいたら、
美味しかったです。

パンフォルテ
20160704パンフォルテ
フィレンツェの南にあるシエナの郷土菓子。
直訳すると、「強いパン」、「硬いパン」
香辛料の香りが強い、アーモンドがたっぷり入った
硬くて、甘いお菓子です。

リッチャレッリ
20160704リッチャレッリ
シエナ発祥のお菓子。
アーモンドの粉を使った、卵白や砂糖が入った柔らかいお菓子。

レモンピールチョコレート
20160704レモンピールチョコ
カプリ島名産のレモンを使ったお菓子。

ビスコッティ・ディ・プラート
20160705k.jpg
カントウィッチ、カントチーニとも呼ばれるビスコッティ・ディ・プラートは、
フィレンツェの北西のプラートの町生まれのお菓子。
アーモンド入りの二度焼きする固焼きビスケット。
イタリアでは、ヴィンサントと呼ばれる飴色のデザートワインに浸して食べます。
教室では、エスプリッソに浸して召し上がっていただきました。

ヴィエネッズイ ノワール
20160704BABBI.jpg
BABBI社のチョコレートウエハース。
きめ細かいクリームをウエハースに挟んで、
さらに、チョコレートでコーティング。
絶妙な薄さでコーティングされたチョコレートと
サクサクしたウエハースが絶品。

日本ではなかなか出会えないお菓子の数々。
イタリアならではの、香辛料が効いた甘ーいお菓子ばかりでしたが、
エスプリッソに浸していただくビスコッティは
固焼きと柔らかいビスケットとの違う味が2回楽しめて
好評でした。

お菓子は、やはり、紅茶教室のブログでご紹介したジェラートが一番人気でしたが、
「イタリアのティータイム」は、とても楽しい時間が過ごせたと
喜んでいただけて嬉しく思いました。

★お問い合わせは、
HPジューンベリー


ご訪問いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
↑↓応援クリックしていただけたら、嬉しいです。

該当の記事は見つかりませんでした。